未分類

人生は20代で決まるの感想。決断は先延ばしにしないようにしよう!

こんにちは。今日は、人生は20代で決まるについてお伝えします!

人生は20代で決まるの概要

アメリカで臨床心理士を務める著者がカウンセラーとして日々接してきた20代、30代のクライアントたちとの経験から彼らが抱えるリアルな悩みや忘れがちな人生への視点をまとめた一冊。

主に20代の人に向けてこれから社会に出て人生を歩んでいくにあたってどのようにキャリアを考えていけばいいかが大きなテーマとなっている。

現在多くの20代が人生を無駄にしていると著者は言う。

[アドセンス]

平均寿命は延び、今の30代は昔の20代のようなもので自分のキャリアを決めるのはまだ先でいいと、人生の重大な決断を多くの20代の人々が無駄にしていることに著者は疑問を感じている。

しかし、結婚や就職などの人生における大きな決断を先延ばしにして、それらすべてを30代にやろうとすることは後々に大きなプレッシャーになりどれかをあきらめる必要が出てくる。

決断を先延ばしにすることは何もしていないのではなく、「決断しない」という決断をしていることに多くの人が気がつかないという指摘や、社会の価値観も20代がキャリアを本当の意味で決めることはまだまだ猶予期間があるとして若者に幻想をみさせていることを問題視している。

臨床心理士である著者は日々のカウンセラー業務のなかで20代を無駄に過ごし人生がうまくいかずカウンセラーに訪れる人々の実例をもとに20代のうちから自分のキャリアを真剣に考えることの重要性を説く。

本書では、仕事でのキャリアの選択のやり方や結婚・出産についてなどの私たちが頭のどこかで気にかかっている内容のものから、20代の肉体的な発達の特徴から社会に適応するには最適な時期であることなど私たちがなかなか気がつかないことなども、きちんと科学的な根拠に基づいて紹介されている。

そのどれもが示唆に富み、自身の人生についてのヒントになることは間違いない。

個人的には20代でキャリアに悩んでいる人や、人生を充実したい人に読んでもらいたいと思う。きっと強く背中を押してくれるだろう。