今日は、幸せな人生よりも、

 

苦労から学ぶ人生の方が価値が高い話をします。

 

 

我々は、みんな幸せになりたいと思って生きています。

 

そして不幸を避けたいと思って生きています。

 

 

しかし、幸せなだけな人生から学ぶことは少ない。

 

 

不幸を通して学ぶことで、人は成長することが出来ます。

 

 

 

先日もブログに書きましたが、

 

私は、昔、京都大学に合格したいと思い、

 

高校時代はめちゃくちゃ勉強しました。

 

 

高校一年生時点での偏差値は54です。

 

京大は偏差値70越えないと難しい。

 

 

 

 

高校時代は、友達と遊んだ記憶がほぼありません。

 

ただ、勉強ばかりガムシャラにやっていました。

 

血を吐きそうなほど勉強しました。

 

 

 

その結果どうなったか。

 

 

 

高校二年になった時、偏差値は68まで上がっていました。

 

学年トップクラスの成績に上がっていました。

 

 

 

最終的に、京大を受けるまでの実力にはならず、

 

難関私大と、地元の国立を受かり、

 

地元の国立大学に進んだのですが・・・

 

 

 

京都大学に行けなくても、別に良かったと思っています。

 

 

結局大事なのは、何を学んだかだと思います。

 

 

 

勉強を死ぬほどやるのは大変なことです。

 

ロクに友達と遊ばず、バイトなんかするはずもなく、

 

ただただ机に向かい続ける日々。

 

物凄いしんどかったです。

 

 

 

そこから学んだことは、

 

勉強を通して『目標を設定しそれを自らの行動でクリアする力』

 

を得ることが出来たし、

 

 

 

単純に苦労することで、人に優しく出来るようになりました。

 

頭もよくなりました。

 

周りに誰もいなくても、一人で机に向かって淡々と仕事をこなせるようになりました。

 

 

そして、高校時代、あれだけ頑張ったんだから

 

自分なら何でも出来るという、

 

 

万能感というか、自信を手に入れることが出来ました。

 

 

 

 

勉強しまくることで、

 

そういう色々な大切なことを学ぶことが出来、

 

私の人生に多大なる恩恵をもたらしてくれています。

 

 

 

 

結局、京都大学に受からなかったのですが、

 

もうそれは受かっただとか受からなかっただとか

 

どうでもいいことだと思っています。

 

 

 

むしろ下手に京大なんかに受かったら、

 

「俺は高学歴だぞ~」

 

みたいな意味のない優越感を持ってしまった居たかもしれません。

 

無意味に自慢したくなっていたかもしれません。

 

バカみたいです。

 

 

 

 

だから、努力が実らなかったことの方が、

 

私の人生とってはプラスだったのであろうと思います。

 

 

 

 

これが、仮に私が天才だったとして、

 

何の努力もなく京大に受かっていたらどうだったのか。

 

 

 

 

まぁそれはとても幸せなことですよね。

 

でも、幸せだからどうした?何が学べた?何が得られた?

 

 

 

そう思えば、私は天才なんかじゃなくてよかったし、

 

京大なんか受からなくてよかったです。

 

 

 

 

 

凡才であるがゆえに、

 

たくさん努力や苦労や我慢をしなければならなかったし、

 

その努力すら足りなかったから、京大にも受からなかった。

 

 

 

 

そっちのほうがよかったんです。

 

 

 

 

登山だってそうですね。

 

苦労して山に登頂するからこそ嬉しい。

 

 

最初からヘリコプターで山頂に連れてこられて、

 

何の意味があるんだって話です。

 

 

 

 

 

 

結局、人生のおける苦労や不幸、嫌な思いと言うのは、

 

その時は大変だと思いますが、

 

それも、大切な学びになるのです。

 

 

 

 

私の親友に、

 

とても心が広い器の広い、

 

デカい男だなぁ~

 

と思える方がいます。

 

 

 

彼は、家庭環境が崩壊して、

 

賢いにも関わらず精神的にやられて、高校を中退し、

 

学歴は中卒です。

 

 

 

しかし、彼は中卒だからこそ、

 

非常に腰も低く、寛大で、

 

何でもOK、どんな人間とも友達になっちゃう心の広さを持っています。

 

 

 

 

彼の例もそうですが、

 

今まで人生生きてきて思っていることは、

 

家庭環境が崩壊して苦労した人間は、

 

概して心が広い人間が多いです。

 

 

 

 

 

苦労した経験があるからこそ、

 

どんなものが来ても、

 

心を広く受け入れられるのでしょうね。

 

 

 

 

 

何不自由なく、幸せな人生を送るということは、

 

何も成長がないということではないでしょうか。

 

 

 

 

優しく、強く、寛大で、美しい心は、

 

幸せな環境が作るものではなく、

 

厳しい環境下でこそ育つものだと考えます。

 

 

 

 

人生において最も大切なことの一つは、

 

幸せになることではなく、

 

苦労から学ぶことにこそあるのだと思います。

 

 

 

 

ただ幸せに生きて、

 

楽しいな~だけで人生を終わることは、

 

生まれた意味がありません。

 

寝たきりで人生を過ごすのと、

 

何が違うのでしょうか。

 

 

 

 

私には子供がいますが、

 

子供には幸せだけの人生を歩んでほしくないと思っています。

 

むしろ人一倍苦労の多い人生を過ごして欲しいです。

 

 

 

そして、たくさん学び、素晴らしい心を育んで、欲しいと思っています。

 

 

今、苦労が多い方、

心配が多い方。

 

 

今はしんどいと思いますが、

 

後々考えてみればそれは素晴らしい恩恵だったのだなぁと

 

 

気付く時がいつか来ます。

 

 

人生万事が塞翁が馬ということですね。

 

 

 

今、しんどいことや苦労が発生しているのは、

 

この経験から何を学ばせようとしているのか。

 

 

その時は分かりませんが、いずれ分かる時が来ます。

 

 

 

是非、苦労が多く、実りの多い人生を味わってほしいなと思います。

管理人 有本管理人 有本

あなたは何のために生きているのですか?
この質問に即答できない方は、生きてても違和感があるはずです。
私、有本もそうでした・・・

全ての人には、共通した人生の真の目的があります。

人生の真の目的を知り、本当に歩むべき道を歩むことで初めて本当に納得した人生、後悔しない人生を送り、真の幸せを手にすることが出来るのです。

そんな人生の真の目的を教えるLINE講座を現在無料で開催しています。

本当の人生を始めたい方はご登録下さい。

占星術鑑定・ヒーリングご希望の方もLINEからご連絡いただければ大丈夫です。

スマホの方はこちらクリック↓
友だち追加

PCからの方はスマホで読みとってください。

有本へのお問合せはこちら>>