未分類

No.1リーダーを支える 英断の言葉

こんにちは。今日は、No1リーダーを支える英断の言葉について感想を書きます。

No1リーダーを支える英断の言葉の感想

発する言葉1つ1つに、自分自信の心の状態がすぐに変化していくと学ばせていただいた本になります。

周りの仲間に悪いことを言うと自分自身の心は、悪い心になったり、弱気な考えになると自分自身の心が弱い心になってしまう仕事やプライベートでうまくいかないことがあったときに弱気な考えになりがちな自分自身がいると感じてました。

「自分には、向いていない・できない」思ってしまっていました。

限界すぐに作ってしまい成長を妨げる状況にしていると思いましたので。「自分はできる」と強気な言葉を語りかけ行動していきます。

また、「現状をかえたければ愚痴を残すな」の内容が心に残りました。

[アドセンス]

私は、愚痴を言っても自分自身に良いことは無い、周りの方々にも良いことは無いと思ってますで「現状をかえたければ愚痴を残すな」の言葉を見た時、とても内容に興味を持ちました。

私が愚痴を言った場合良い気持ちになる人はいない、愚痴を言うことで周りの方々の私の見え方、接し方がよろしくないと思ってます。

そこに更に愚痴を言葉にすることで一番聞いてるは、自分自身であり、言葉に込められた思いが再び脳にインプットされ愚痴の内容が強くなってしまうと勉強させていただきました。

また愚痴や不満をただただ抱えっぱなしの状況はよくないと思いますので、「だからこそ○○にしていく」とプラス志向の内容に変えていく事が大事だと学ばせて頂いた本になりました。

最後に普段の生活でプラス思考を作っていく事が大事だとこの本を読んで学びましたの意識して考え方を良い方向に転換していこうと思いました。

まだやり始めてから日は、そんなに経ってはいませんが少しだけ、大袈裟かもしれませんが楽しい人生を送っているなと少しだけ感じました。

仕事が上手くいかなくどうしたらいいのかと悩んでいる人やマイナス思考が多いと感じる人でプラス思考仕方を覚えたいと思う人にも読んで欲しいと思う本になりますので是非読んで見てください。