今回、大雨で九州地方で大きな被害があったようです。

 

 

テレビを見ていると川が氾濫して町が浸水し、

 

死者や行方不明者も出ている模様でした。

 

 

何故、そんな被害を彼らは受けなければならなかったのか。

 

 

 

こういった、自然災害によって被害を受ける場合の、原因は何なのか?

 

 

その原因は、彼らは過去世で、

 

 

自然破壊などをして他の動物の住処を壊し、奪い、

 

 

あるいは死なせてしまったことにあります。

 

 

 

 

その罪を償うために、

 

自然災害が発生するような場所に住む縁が出来、

 

 

被害を受けなければならない運命となるのです。

 

 

 

 

こういった自然災害の被害を受ける人たちは、

 

必ず過去世に自然破壊を行い、動物達の住処を奪った、あるいは死なせた。

 

 

などの悪行を働いているのです。

 

だから、今世で自らの住処を奪われ、あるいは死なされなければならないのです。

 

 

 

今回のような自然災害、全てそうです。つながっているのです。

 

 

今世でどんなに人格者であろうと、立派な人であろうと関係ありません。

 

 

 

運命は、神様が決めるものではありません。

 

自分の行いで全て決まるものです。

 

 

 

自分が行った悪いことは、必ず報いが来ます。

 

 

全ての出来事には必ず原因があります。

 

 

 

最高の開運方法とは、結局は悪いことを辞めて、善い行いを積んでいく。

 

これしかありません。