こんにちは、有本です。

今日は、運命は神様が決めるものではなく自分が決めるもの、というお話をします。

とある人が、犯罪をして、牢屋に入ったとします。

さて、その人を牢屋に入れたのは誰でしょうか?

裁判官?刑務官?警察?いったい誰がその人を牢屋に入れたのでしょうか?

ちょっと考えて見て下さい。

・・・。

正解は、その犯罪者自身です。

自分の行為が、自分を牢屋に入れたのです。

運命もこれに似ています。

過去世でどこまで自分自身が善い行いをして徳を積んだのか。

過去世でどこまで自分自身が悪い行いをしてカルマを積んでしまったのか。

それによって、今世の運命が決まります。

そして、この徳分とカルマの動きを読むのがインド占星術です。

自分がどんな徳分とカルマを過去世から持って来ているのか。そのカルマや徳分が動く時期は一体人生のいつなのか。

それを読み解き、来るべき時に来て備える、というのがインド占星術を受ける意味です。

例えば、過去世で、もしあなたが人をイジメて自殺に追い込んでいたのであれば、今世はイジメられて自殺に追い込まれなければなりません。

じゃあ、人生のいつが、イジメられるタイミングなのか。それを占星術は教えてくれます。

占星術による宝石やヤントラの処方をすれば、カルマの働きが軽減され、仮にイジメられることがあったとしても、自殺に追い込まれるまではいかないでしょう。

しかし、本来自殺まで追い込まれなければならなかったのに、宝石やヤントラの力で自殺でなく、せいぜい嫌な思いをするくらいで済んだとしたら。

本当は、自殺するほど嫌な思いをして100のカルマを解消しなければならなかったのに、宝石やヤントラのおかげでちょっと嫌な思いをする程度だったので40くらいしかカルマ解消が出来ていないということになります。

じゃあ、宝石やヤントラで軽減されたその残り60ぶんのカルマは何処へいくかというと、いずれまた自分に返ってきます。

えぇっ!じゃあ宝石やヤントラって意味ないじゃん!と思われたかもしれません。

そんなことはなくて。

宝石やヤントラでカルマの動きが緩和されたおかげで、本来の人生よりも少し楽になるのですから、その間に善行を重ねて徳分を作ることが出来るようになります。

そして徳分をいっぱい作っておけば、カルマの動きで嫌なことが起こっても、徳分に守られてそこまで重大なことにはなりません。

結局、最高の開運法、というのは、善行を重ねて徳分を積み重ねるほかにありません。

日ごろから、どこかに募金したり、親孝行したり、困っている人たちを助けたりと出来るだけ善い行動をとるように心がけましょう。

あなたの徳分とカルマがどれだけあるのか?

インド占星術で鑑定しますので、ご希望があれば私のLINEまでご連絡下さい。

また、徳分とカルマの法則以外にも、宇宙には多くの意識体や神様が存在しています。

これらの宇宙全ての法則を徹底解説して、あなたの来世や来来世も永遠に幸せにする方法。

『ダルマ』の説法も行っています。人生が変わりますので、是非ご参加下さい。

管理人 有本管理人 有本

あなたは何のために生きているのですか?
この質問に即答できない方は、生きてても違和感があるはずです。
私、有本もそうでした・・・

全ての人には、共通した人生の真の目的があります。

人生の真の目的を知り、本当に歩むべき道を歩むことで初めて本当に納得した人生、後悔しない人生を送り、真の幸せを手にすることが出来るのです。

そんな人生の真の目的を教えるLINE講座を現在無料で開催しています。

本当の人生を始めたい方はご登録下さい。

占星術鑑定・ヒーリングご希望の方もLINEからご連絡いただければ大丈夫です。

スマホの方はこちらクリック↓
友だち追加

PCからの方はスマホで読みとってください。

有本へのお問合せはこちら>>